出前館 ARCHIVE

キッチンベース/KitchenBASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.012

キッチンベースさんとビジネススタートしてみて 6−10月(2019)

6月7月と初めのメニューでスタートしてそれなりに味の評価は頂けてタワンドンも反応が嬉しかったのですが売り上げがキッチンベースさんから当初提出されていた資料のものとはほど遠いものでした。さらにこの狭いブースを昼と夜でどうやって別の人がキッチン使うのは全く分からずでした。(結局我々が入居している間は夜を別の人が使うということは1度もありませんでした。)狭いので機材などで常にいっぱいだからですw

各キッチンブースは食材や梱包材などの荷物で常に溢れかえっている。
荷物や大量の容器を置く場所はほとんどなく冷蔵庫の上のスペースも狭いがここしか収納はない

当初のキッチンベースからの収益シュミレーション

月に250万販売するのは客単価をあげた料理でないと実現せずuberなどは客単価1000円
くらいなのでこの売り上げを上げるには1日100食位売り上げないといけない

これからキッチンベースとして他のブランドさん達と共にブランディングをしていき、売り上げを上げる為のプロモーション展開をしていただけるのかな?と思っていたら特にありませんでした。チラシは作っていただきました。「一緒に売り上げを高めていけるのかな?」という疑問と常に問題発生に対して後手な対応で人手不足のキッチンベースの運営状況を心配するようになりました。

他の入居ブランドとチラシを注文オーダーに入れてもらうのと近所に配布していたみたいです

さらに8月9月10月と売り上げが下がり「色々難しいなあ」と考えるのでありました。また台風や雨だとuberEATSなど配達員が居なくなり営業もできないことが多く売り上げの波も激しく「プラットフォーム経由のデリバリーのみ」だと結構難しかったです。この頃からキッチンベースでも「電話注文」や「テイクアウト」を手数料10%で現金管理をしていただけるようになりましたがプロモーションや外からの導線などもなかったので売れなかったですがタワンドンのSNSを見た方々には多く来ていただけました。

8月9月10月の売り上げはこんな感じでした

8月の売り上げ746200円 

キッチンベースからの支払い額363961円

-賃料140400円

-食材費梱包材(総売上の30%位)223860円

マイナス -299円

9月の売り上げ563150円

キッチンベースからの支払い額324606円

-賃料140400

-食材費梱包材(総売上の30%位)168945円

利益15261円

10月の売り上げ435720円 

キッチンベースからの支払い額212228円

-賃料143000円(10月から消費税が10%になった)

-食材費梱包材(総売上の30%位)130716円

マイナス-61488円

当時の資料から 

特にコミュニティもなく問題が発生した際に無料アカウントのスラックで現場に居ない
キッチンベースの運営者に連絡する為に活用していた感じでした。
オープンして2ヶ月、8月には隣のブースに入居していた「ハンディクラフトさん」が
いきなり撤退されてびっくりしました。ハンディさんのスタッフさんとタワンドン

続く……………………

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.011 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.010 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.009 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.008 はこちら


キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.007 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.006 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.005 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.004 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.003 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.002はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.001

キッチンベース/KitchenBASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.011

初期アカウント「タワンドンデリ&カレー」としてやっていたuberEATSのアカウントはまだスタートして調理して配達員にpickupして言っていただく際に色々と慣れてないのでuberEATSのオーダーPADで「一時停止ボタン」などをよく使っていましたら段々とuberEATSのアプリの中でリスティングが上位に表示されなくなってしまったりして後にそう言ったuberEATSの仕組みに色々注意点があることを初めて知らされてあまりお客様が使う注文アプリから「タワンドンデリ&カレー」が表示されなくなってしまったのでキッチンベースさんがメニューなども一新して金額も安めに設定して再度トライアルしましょうとご提案をいただきました。早くもメニュー変更という運びになり展開の速さが求められるなあと思いました。メニュー写真の撮影や諸々をキッチンベースさんにやっていただき素早く対応をしていただけました。

一度リスティングされなくなってしまったUberEATSのアカウントは使い物にならず難しい
当初のチェンマイ寄りで1450-1600円くらいの料理を
カレーに絞って1000円くらいにリニュアルすることに
グリーンカレーセット
マッサマンカレーセット
イエロカレーセット
ハンレーカレーは人気があったのでそのまま残す
ガイヤーン(チキン)など日本人好みのサイドディッシュ
タワンドン特製ソムタム(パパイヤサラダ)

初めは1500−1800円くらいの単価で設定してましたがこちらは1000円前後でカレーセットを出しサイドディッシュなどは金額はそのまま500−600円でお出ししましたがやはりリスティングがうまくいかず売り上げは低迷を続けていましたが後にお聞きしたら「カレージャンル」はuberではお店も飽和状態であまり売れないということでした。タワンドンは味には自信がありましたので値段を下げることやカレーのみにして「売れるものを売る」という方向性に日々悩みながらこの2019年の夏を過ごしておりました。他のキッチンベースのブランドも売り上げは低迷していてキッチンベースの方々も解決策がない状況でした。段々とキッチンベースさんのこのシェアキッチンのセールスポイントである「共に売り上げ上げていきましょう」という一体感がなくなってキッチンベースのスタッフも中目黒の現場に来なくなっていきました。現場ではなんとも暑く苦しい夏を過ごしておりました。

店舗の問題その①:キッチンベースの各ブース内が物凄く暑い

また夏はものすごくキッチン内が暑く(体感気温が50度位あり)再三に渡り改善点や空調の改善をお願いしてましたが対応いただくも夏も終わりに近いタイミングに可動式冷風機などを急遽導入してもらうことがありました。体力を消耗して体調を崩すことも多かったです。また対応が遅く現場から「運営はどうなっているのか?」と意見が挙がっていたようです。また中目黒のキッチンベースは空調の換気や空気の流れに構造的に問題があるので改善をお願いしてましたが費用もかかることなので根本的な改善はされないままでありました。

こんな感じの冷風機を急遽入れてもらいましたがあまり効果がありませんでした。
夏場は体力がかなり必要なシェアキッチンです。

続く……………………

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.010 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.009 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.008 はこちら


キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.007 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.006 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.005 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.004 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.003 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.002はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.001

キッチンベース/KitchenBASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.010

オープンして2ヶ月経過して実際の売り上げはどうだったか?はこちらになります。すべての売り上げがキッチンベースに入る仕組みになってしまっているので日々の売り上げが全く確認できなく6月が過ぎて明細が送られてきた時に①の明細が届けられて「あまりにも内容がわからないすぎるw」と伝えたら②の明細が作られて届けられました。明記されているとうり手数料46%の内訳は以下になります。また月の売り上げが確認できるのは翌月の15日前後でキッチンベースからの売り上げが支払われるのは翌月の月末までタイムラグがあり様々な食材の支払いやキッチンベースに支払う賃料などのやりくりが少し困りました。

また当初販売プラットフォームとキッチンベースに支払う手数料は以下

uberEATS 35% キッチンベースに11% 

出前館 8.4%  キッチンベースに37.6%

楽天デリバリー7% キッチンベースに39%

FineDine 40% キッチンベースに6% 

お支払いすることがこのタイミングで判明しまして「手数料高いなあ」という印象を持ちました。uberEATSとFineDine以外の注文はキッチンベースが雇っている配達員を使って配達するということでその費用をこの手数料から賄っているという説明でした。そういうことならば配達員は我々でも費用支払っていることになるのでもっとしっかりとした配達や対応をしてもらいたいと現場で毎日のように改善点をシェフとキッチンベースとやりとりしておりました。またキッチンベースの配達員の教育が行き届いていなくお客様からクレームも多かったので我々のブランドのレビューが悪くなりますのでシェフサイドとしては困るなあと思って色々とアドバイスをしておりました。

※初めての売り上げ明細(キッチンベースから)

何かいくら売れたのかもわからずどのプラットフォームから
いくら売れたのかも分からなかったのでキッチンベースの経営者に連絡をしました。

明細書改訂版(こちらから明細の不明瞭な部分を伝えて色々と時間が経過してキッチンベースサイドから再検討届けられたのが8月19日になっておりました。)

こちらは明細の一部です。この下に1件ずつのオーダーも明記してありますが省略します。こちらでいくら手数料をとられているのか?何がオーダーあったのが初めて明確になりかなり見やすい明細となって一安心。またオンラインでGoogleのスプレッドシートなどでデイリーで売り上げの集計を確認できるようにもしていただいて大分透明性が出てきましたがこちらからお願いしてからこの明細出してきたので明細初めから必要です

6月は色々差し引かれて 339423円のキッチンベースからのお支払いでした。ここから

-賃料140400円

-食材費梱包材(総売上の30%位)220900円

を支払いマイナス-21877円の赤字からのスタートとなりました。

7月は110万円くらいの売り上げでした。以下のとうりになります。

UberEATSと出前館からしかほぼ売れないことがわかってくるのでした。またプラットフォーム利用料が各/毎月3000円ずつかかることも判明しました。ガス代はシェアキッチンのガスが各ブースごとにメーターなどがついていない理由で総売上から2.8%を支払っておりましたがこちらもと感じました。7月は110万の売り上げでしたがキッチンベースから支払われるのは56万程度なのでそこから賃料とアルバイト人件費、食材費を差し引くと7月は3,4万円程度の利益になりましたが毎日キッチンベースで働いているシェフの給料は入っておりませんので「これは儲かる以前の問題」の印象しかありませんでした。

続く……………………

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.009 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.008 はこちら


キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.007 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.006 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.005 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.004 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.003 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.002はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.001

キッチンベース/KitchenBASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.009

2019日6月14日からスタートすることができはじめの1ヶ月間は試行錯誤の毎日でした。当初のメニューはカレーやスープものが多かったので自転車配達のubereatsではラップでグルグル巻きにして梱包しなければいけなく1つ1つの注文の準備をすることも大変で配達員の方で袋の中で汁漏れが起きてしまったりしてお客さまにご迷惑をおかけしたこともおおくありまして日々容器や梱包の仕方、配達員の方とのコミュニケーションも大事だと思いました。特にキッチンベースが自社で用意した配達員が初めて飲食の配達をするような方々や日本語があまりよくわからない外国人などでしたのでなんどもお客様からクレームが来たり返品や返金が来たり配達員の教育やアサインのペース配分などもうまくいかなくキッチンべースも日々我々と同じく試行錯誤しているようでした。

いよいよタワデリのスタートFinally, the Tawa Deli starts!
タワンドンとお母さんがタワデリ特製チェンマイソーセージ「サイウア」をTawadong and his mother make Tawadong’s signature Chiang Mai sausage “Sai Wua
全てハンドメイドで調味料から調合しますEverything is handmade, from seasoning to preparation.
チェンマイソーセージはビールなどにとても合う珍味で評判が良かったですが作るのは大変!The Chiang Mai sausage was a delicacy that went very well with beer and the reputation was good, but it is hard to make!


当初のタワデリの販売メニューはこのような感じ。地元チェンマイの料理を中心にカレーをメインにして素材や鮮度にこだわりを持ってお作りしてましたが大変でした
ドリンクもタイを感じるラインナップを用意してオプションでタピオカトッピングも後にできるようにしたら夏場はとても好調な販売でした。We prepared a drink lineup with a Thai feel and added an optional tapioca topping afterwards, and it was a great success in the summer.
各キッチンの横につけているIPADなどから注文を受けるがubereatsは支給される端末のみからしか使えないのでキッチンべース注文まとめシステム「VOID RESTAURANT」はそれ以外の注文がまとまって1台のIPADから受ける形になっていて操作が2系統になり逆に大変でした。We receive orders from the IPAD next to each kitchen, but the ubereats can only be used from the terminals that are provided, so the kitchen-based order summary system “VOIDRESTAURANT” receives other orders from one IPAD, which makes it difficult to operate two systems.
出前館の注文はこのような画面で各キッチンのIPAD受けて調理の準備をしたら配達員がpickup
When you place an order at the delivery center, the IPAD for each kitchen is shown on the screen like this, and when you are ready to cook, the delivery person will pick up your order.
初期の容器やデコレーション。こちらはタワンドン特製チェンマイ名物カレーヌードル「カオソーイ」This is Tawan Dong’s special curry noodle (Khao Soi).
中皿にカレーを入れ下にジャスミンライスをセットし食べる時にかける容器はとても高い
You put the curry in a medium plate, set the jasmine rice underneath, and the container you pour over it when you eat is very expensive.
温かい出来たてを食べてもらいたいのでパッケージをした時に破裂しないようにラップに穴を開けて温度を逃す工夫など大変でした。It was very difficult to make a hole in the plastic wrap so that it wouldn’t explode when the package was put on and the temperature would escape.
なるべく作りたての美味しい状態をお客様に食べてもらいたいのときれいに運んでもらうことが汁物は特に大変でした。It was especially difficult to have customers eat the freshly made, delicious food and to have them carry it cleanly.
カオソーイとタワンドンKhao Soi and Tawang Dong.

続く……………

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.008 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.007 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.006 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.005 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.004 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.003 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.002はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.001

キッチンベース/KitchenBASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.008

キッチンベースの当時のサービス案内と詳細について

※当時のキッチンベースさんからの提示資料から

我々はすでに店舗を持っているわけでもなく初めて自分のブランドを持ちキッチンベースさんから飲食業をスタートしましたので初期費用は以下のとうり実際かかりました。(準備期間は2019年5月-6月の2ヶ月間販売開始は2019年6月14日)

初期登録費用 324000

鍋/調理器具やフードプロセッサーなど/調理機械 約1000000円

(真空パックを作るトスパックという優れた機材が中古でも40万円くらいして高かったです.こちらを準備することにより効率よくこの狭いキッチンで仕込みをして販売をするために用意しました。)

スパイスの調達や店舗準備の交通費経費などで約 200000円

合計およそ160万円くらいかかりましたのですぐ手軽に開業できるわけでなくある程度の資金力が必要でした。また保健局の営業許可証などはキッチンベースが場所に対して取得してますので我々で個別に営業許可などは不要なので便利でしたがあくまでも調理をする場所のみの許可なので飲食店のようにイートインできない場所になりますので少しのお客様を招いての飲食は不可でした。

居抜き物件の店舗を借りて賃料を払い、造作買取して開業してもこの金額では開店出来ないのは明らかですがお店としてお客様を招いて営業できないのと機材も初期の契約金や賃料として支払うので手元に残らない分シンプルに開店出来きる反面、アプリを使ったデリバリーしか実質できないので使うプラットフォームの手数料とコストとの戦いで利益が出ないのでは?と初めから感じておりました。

後は食材の仕入れやパッケージの仕入れ業者さんの選定や口座開設などの準備も時間がかかりました。デリバリーですのでパッケージは特に試行錯誤しましたので色々試しながら営業をスタートしました。

また当初販売プラットフォームは

uberEATS

出前館

楽天デリバリー

FineDine

honestbee

にそれぞれのサービスに出店しそこからオーダーされる注文を一括でキッチンベースが用意したオーダーまとめ受注システム「BOID RESTAURANT」に注文が入ります。

がしかしhonestbee(2019年5月に撤退)というサービスはスタートから使えなくなっておりましたのでuberEATS/出前館 /楽天デリバリー/FineDineの4つのプラットフォームからの販売ができました。

※当時のキッチンベースさんからの提示資料

初めのうちは撮影や各プラットフォームの登録や設定などもやっていただいたので
スムースにオープンまでたどり着けました。

始める前の準備はかなりスムーズにキッチンベースとやりとりができました。我々自身も急ピッチで様々な準備をしなければならなくどうにかオープン日程まで間に合わせることに注力してシェフのタワンドンもメニューで出す商品の仕込みやオペレーションを想定して考えることができましたが販売がスタートしますと様々な問題が起こってくることになるのでした。

続く……………………


キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.007 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.006 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.005 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.004 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.003 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.002はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.001

キッチンベース/KitchenBASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.007

契約条件から決起集会へ

出来たてホヤホヤの中目黒キッチンベースさんにスタート時から入居する店舗やブランドさん等が集まってオープン前の決起集会がありましたのでタワデリも参加させていただきましたそちらで初めて別の入居者が分かりました。

初回の店舗メンバーはこちら(既に全ての店舗が撤退)

:神楽坂に店舗を構えてらっしゃるマティーニバーガーさん

:埼玉県八潮市のHandicraft Works/ハンディクラフト ワークスさん

:キッチンベースさん自ら外部の協力者と「ワカメ麺」や「野菜スティックの店」や「スムージー」のお店などを1つのキッチンから複数出す形で初めからやられるとのこと。

:そしてキッチン2には我々「TAWANDONG DELI&CURRY」が。オーディションで選ばれたのはどうやら我々だけのようでした。他のブランドさんはすでに店舗があり都内に進出やテスト販売ということでキッチンベースさんに参加してたりですがキッチンベースさんが会社をあげて選んだ店舗さま達なのでこれから一緒に売り上げを高めていったりブランディングなどを頑張っていきましょう!とこの場で盛り上がるのでした。出前館の配達員はキッチンベース自社で用意をして配達をするということでしたのでアルバイトで手伝ってくださる配達員などとも顔を合わせてお話しができました。

ビールが進むタワンドン
ケータリングはa.prico.tさん
春っぽい爽やかな彩りでお祝いMOOD
タワンドンとa.prico.tさん
キッチンベースCEO山口さんとタワンドン

契約と当時のキッチンベースの料金体系などは…..

契約条件はざっくりと初回契約金が486000円324000円にしてもらいました)利用時間が10:30-22:30まで(夜は別の方にお貸しするらしい)1年の契約更新で契約書を結びました。

賃料がおよそ月額14-15万円それ以外に手数料が毎月総売上46%かかります。加えて水道代(3ヶ月に一度請求)・ガス代総売上2.8% ・電気代(各ブースにメーターが付いているのでそちらから請求)後は出前館やubereats、ファインダイン、楽天デリバリーのプラットフォーム初回登録料(各2万円程度)使用料として毎月3千円各1プラットフォームごとにかかります。オプションで冷蔵庫などを借りると利用料が毎月加算される仕組みで我々はスタートしておりましたが他のブースとは同じ条件はなかったようです。

しかしながらデリバリープラットフォームの登録から写真撮影セールスUPの為のメニュー相談やマーケティングプロモーションの展開、売り上げ管理までキッチンベースさんと共に色々と高めていけるのであればゴーストレストランとして良いサービスだなあと思ってすぐ契約しました。

続く……………………

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.006 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.005 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.004 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.003 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.002はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.001

キッチンベース/KitchenBASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.006

入居が決まってから準備に追われる毎日で撮影もハウススタジオ見たいな場所で撮影
当初はタワンドンの出身チェンマイの人気料理「カオソイ」をスタイリッシュにアレンジしてシグネチャーメニューに。
具沢山のグリーンカレーやパネンカレー、イエローカレーなど取り揃える
ハンレ―カレーは、タマリンドをベースにガーリック、シャロット、ジンジャーを絶妙にミックスし煮込んだ味が特徴のタイ北部の伝統的なカレー
チェンマイの郷土料理のサイウア。 サイウア はタイ北部チェンマイの代表的ソーセージで、別名「チェンマイソーセージ」という
揚げ春巻きはパープルをアクセントにベジタブルでヘルシーに
タイ風唐揚げは特製ソースと一緒に食べると風味が増します。
タイミルクティーは本場の味。黒蜜タピオカトッピングオプションを用意
熱帯地域に生息するマメ科の植物、バタフライピー。大きく開いた花びらが蝶々「Butterfly」に似ていることから、後ろに「Pea(豆)」を付けたのが名前の由来で鮮やかな色が特徴のタイハーブTEA
レモングラスの風味がいっぱいのさっぱりな味のTEA
オリアンコーヒー Oliang とは中国語由来で black iced coffeeを意味するタイではコンデンスミルクをたっぷり入れて飲むことが多い
KITCHEN BASEさんの他のブースから提供されるブランドと共に…

プラットフォーム用商品撮影、MENU,BRAND決定!

タイから弾丸仕入れツアーから戻りすぐメニューやブランドネームなどを決めてプラットフォームやWEBSITE用の撮影をしました。

uber eats

出前館

楽天デリバリー

ファインダイン

4つのデリバリープラットフォームから注文を受け料理を提供するということで「TAWANDONG DELI&CURRY」とし、Kitchen BASEさんの他のリリースをされる厳選されたブランドの一つとしてこれからオープンさせていただくということで「 powered by Kitchen BASE」とつけさせていただきました。内容はタイカレーとカオソーイのお店として当初オープンをすることになりました。もちろん味や価格帯などもKitchen BASEさんのお墨付きでリリースをすることになります。

価格帯は

MAIN DISHは1400円-1500円

SIDE DISHや600円-800円

DRINKは580円

位で設定しました。デリバリー用なので運ぶ際にスープなどが漏れないような容器を選定したりサランラップなどで運搬中に溢れないように梱包をすることがとても難しいことに後々気が付くのでありました。

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.005 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.004 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.003 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.002はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.001


続く………………..

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.005

スパイス調達にBANGKOKへ 弾丸仕入れツアー!

オーディションにPASSし早速具体的にタイカレーのデリバリー専門店をオープンさせるためにいろいろな準備が待ち受けてました。5月頭から準備をして翌月にはオープンでしたのでかなりクイック準備をしなければなりませんでした。まずは料理にマストなスパイスなどを現地調達しに1泊2日で弾丸でタイバンコクに飛びました!

早速タイカレーやサイドディッシュなどに必要なスパイスをメインにバンコクへ
早朝からバンコク近郊のマーケットやヤワラー(中華街)などを回る
仕入れの量がどれだけ店舗をオープンしてから注文が来るのか分からないので数量に迷う
ヤワラーでスパイスを大量購入おばちゃんがおまけしてくれました!
弾丸バンコクは道が混んでいるので基本電車とバイタクで移動がスムース
ヤワラー付近はオールドスタイルな建築物がまだ残っていてノスタルジーな気分
裏路地には国旗の旗が雰囲気良いです

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.004 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.003 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.002はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.001

続く………………….

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.004

自分のブランドでキッチンベースさんと共にビジネスすることにワクワクのタワンドン
お店の入り口にはシンプルにキッチンベースのロゴが
手前のテーブルは折り畳み式になっており使用しない時は通路を広く使えるように工夫されている
ブースは4つでかなり実際は狭く効率よくシェアキッチンを運営しようとする印象

AUDITION 結果報告 /中目黒キッチンベース初見!

オーディションから数日後、キッチンベースさんからご連絡がありキッチンブースで是非入居してくださいという連絡を受け、4つのシェアキッチンの1ブースを我々タワンドンキッチンが入居できることになりました。実際完成したばかりの駅から近い中目黒のキッチンベース第1号店舗のロケーションを確認する為に内見をさせて頂いた感想は「お洒落な感じ!」と「狭い!!笑」という印象でした!実際キッチン4まであるキッチン2に我々は入居を許されたのですが2坪にも満たない極小スペースにギッチリとガスコンロ、コールドテーブル、シンク、製氷機、ガスレンジなどが格納されており人が2人も入れば動けないスペースで昼の使用と夜の使用者と別で使ってください。というご説明でした。こちらで実際テイクアウトをメインとしたビジネスを展開するには我々から準備する調理用具やテイクアウト用のパッケージなど多くの荷物があるので「どうやってこの狭いスペースで荷物置くのだろう?」「荷物がある中で昼の使用と夜の使用はどうやってやるのか?」とまずは思ったのを覚えております。またキッチンと対面する壁面には縦型冷凍冷蔵庫が8台ズラーっと並べられておりこちらを1台ずつ4つのキッチンブースに割り当てられて1台ずつ使って良いというご説明でしたが実際ブースと冷蔵庫が遠いキッチンブースは都度都度冷蔵庫に物を取りに行かないといけないので忙しい時に面倒かもと思いました。

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.003 はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.002はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.001

続く………………….

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.003

オーディション開始! 実際タイマーを使って注文が入ってからのシュミレーションします
オーディション会場は渋谷のプラネットテーブルさんのオフィスキッチン
審査員皆様が見ている中でタワンドンちょっと緊張気味
審査員はキッチンベースCEO山口さんやアドバイザーの田村シェフ
試作品のタワンドンのグリーンカレー 
旬な野菜を豊富に使い香り高いジャスミンライスと少しピリ辛な
タイグリーンカレーのスープがタイの風を運んで来ます
別アレンジのグリーンカレー
タイ料理は全体が口の中で合わさった際により奥ゆかしさが楽しめるのが特徴です
タワンドン特製の試作品1号 カオソーイ(カレーヌードル)
低温調理の鶏胸肉と酸味のあるピクルス、濃厚で奥深いチェンマイのカレースープ揚げ麺がアクセントの食べ応えのあるカオソーイ見た目もお洒落に作りました
キッチンベースさん用に提出した資料表紙

MENU /アプローチ方法決め

オーディションの日程が決まったのですぐに試作品を考えてタワンドンがタイのチェンマイの出身なので一番得意なチェンマイ料理を中心にタイ料理を出そう!と決めることになりました。オーセンティックであり、NEWなTHAIを広めたいという気持ちがタワンドンに常にありますので日本でもタイ好きに人気が出てきたタイ北部の名物カレーココナツヌードル「カオソーイ KAOSOI」をメインにタイカレーを出すお店をキッチンベースさんにご提案することになりました。出前館やubereatsなどで注文が来たらすぐ調理してテイクアウト用のパッケージで配達員が届けられるように準備しなければならないので実際使用するテイクアウト用のパッケージなど用意して調理時間なども考えるのと実際キッチンベースさんに入居してからのスペースでオペレーションが対応できるかどうかも想定しながらメニューやコンセプト、コスト計算も合わせて考えるのが難しかったです。(どのくらい売れるか分からないため)

AUDITION 当日 /2019 APR 22

オーディション当日は食材やパッケージなども全て用意して指定の時間に会場入りしました。そこからキッチンベースのCEO山口さんやCTOの佐久間さん、COOの野原さん、アドバイザーの田村シェフ(『Mr. CHEESECAKE 』などで有名なシェフ)などが中心になって実際注文が入った感じでタイマーで時間を測り完成したら実際配達員がオーダーした自宅まで持っていく時間を経過した後に試食をするという流れでその後試食をしていただきながらタワンドン本人にインタビューをしていただくという流れでした。2時間ほどでオーディションは終了し、合否に関しましては後日連絡します。ということでオーディション会場を後にするのでした。

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.002はこちら

キッチンベース Kitchen BASE/クラウドキッチン/ゴーストレストランとは?Vol.001

続く…………………….

最近の記事

月別アーカイブ